fc2ブログ

青色申告と白色申告

Category税務
 0

青色申告白色申告


青色申告白色申告は、それぞれ確定申告の種類のひとつです。
青色か白色かで、帳簿の付け方や控除など変わってきます。
人によっては、だいぶ納税金額か変わる場合もあります。


青色申告白色申告の違い
表1

表

※1.特別控除(65万円)を受けるにはいくつか要件があります。
 ・事前に青色申告の承認を受けること
 ・事業所得、不動産所得、山林所得であること
 ・確定申告を期限内に提出すること
 ・複式簿記で帳簿付けすること
 ・発生主義で帳簿付けすること(期中現金主義、期末発生主義でも可)
 ・貸借対照表・損益計算書を作成すること
2020年分以後の青色申告特別控除額が65万円から55万円に引き下げられます。

ただし、現行の要件に次の①又は②のいずれかの要件を満たせば、今まで通り65万円の控除が受けることができます。
① 電子帳簿保存法の適用を受け、電子帳簿で保存
② 電子申告により確定申告書等を期限内に提出する
※2.給与所得があった場合は源泉徴収票が必要です。


白色申告は事前申請が不要なので、申請書の作成という負担がありません。
しかし、青色申告と違い特別控除等の優遇がありません。同じ単式簿記で帳簿を作成するなら10万円控除できる青色申告のほうが節税できます。
「青色申告決算書」は、白色申告の「収支内訳書」に加えて、月ごとの収入・仕入れの金額、貸借対照表(資産負債調)などを作成します。
「青色申告決算書」と「収支内訳書」を比べると、「収支内訳書」の方が記入欄は少なく、記入の手間とういうのは白色申告の方が少ないと思われます。

 

■青色申告と白色申告のメリット・デメリット
表2

表02

申告について比較すると、65万円の特別控除を受ける場合は、複式簿記で記帳し、貸借対照表等を用意しなくてはいけません。更に表1でもあった事前申請を踏まえると、青色申告するには白色申告に比べると手間がかかります。
しかし、白色申告のメリットは手間の部分だけとも言えます。10万円の特別控除に関していえば、そのメリットも薄れます。青色申告の10万円控除は白色申告と同じ単式簿記での記帳です。事前申請の手間はありますが、同じ単式簿記記帳というならそこまで手間は変わらないと思います。
赤字の繰越しに関しては、繰越しが出来る・出来ないで税金が大きく変わる場合があります。
前年が100万円の赤字で、今年が200万円の黒字の場合、白色申告では今年の黒字200万円に税金が掛かります。対して、青色申告は赤字の繰越しが出来るので黒字分の200万円から前年の赤字分100万円を引き、残った100万円に税金がかかることになります。赤字の繰越しができれば、節税になる会社もあるのではないでしょうか。

青色申告

■まとめ


事業所得、不動産所得、山林所得の方は、手間はかかりますが、青色申告の方が節税効果を見込めるでしょう。最初から複式簿記の65万円特別控除というのは難しくても、10万円特別控除なら白色申告と同じ単式簿記で出来ます。事前申請などの手間はありますが、10万円の控除が受けられるならそこまでの手間にはならないと思います。
複式簿記も覚えるまでが大変かもしれませんが、覚えてしまえば、青色申告の65万円特別控除を受けられ、事業の経営状況も一目で把握することができるようになります。
複式簿記を覚えることで得を感じる方は少なくないと思います。
簿記は覚えられないけど、青色申告にしたいという方は税理士など、専門家に頼んでみるのも一つの手段です。

税務のことで何かわからないことがありましたら、お気軽に戸田和民税理士事務所までご相談ください。



戸田和民税理士事務所 | 相続手続サポートセンター浜松


※当ブログで掲載されている情報を利用したことで生じた、いかなる損害や問題については、一切の責任を負いません。あらかじめご了承ください。 


スポンサーサイト



青色申告白色申告節税

0 Comments

Post a comment